がらり
千駄ヶ谷: 居酒屋
がらり (千駄ヶ谷: 居酒屋)
がらり
電話: 03-5786-1820
営業時間:11:30am-2, 5-11pm (LO) 定休日:なし
Sun: 日曜日営業

最近多くの居酒屋やレストランは焼酎を揃えるが、がらりは良質のラムを連想させる多種の黒糖焼酎を得意としている。種類、色とりどりのグルメ味噌が添えられる料理は、焼酎の独特の強い風味によく合っている。実際、焼酎と味噌はここのインテリア・デザインの重要なポイントになっている。装飾的な焼酎の瓶が二階席の壁の棚(壁龕)にずらりと並べられ、味噌樽が一階部分を飾っている。

新築だが素敵な田舎風の建物は、細長く幅が狭い。二階はテーブル1列、一階は大きくて心地よいカウンター。重い木の梁が重厚な雰囲気を、小割り板の木格子をあしらったフロントガラスは、外の眺めを保ちつつ通りからの視線を遮っている。

席に着くと出されるお通しの、新鮮な刻みキャベツに三種類の味噌が添えられたボウルががらりのセンスの良さを伝える。薄い色の味噌はダークカラーの器、反対に濃い色の味噌は淡い色の器でという具合である。他にも味噌がメインに使う料理が沢山あり、加えて天ぷらもセレクションが多い。季節で入れ替わるが、夏のカニとコーンのかき揚げと、ぴり辛のみょうががおすすめの品の二つ。天ぷらの自然な油分は焼酎のきりっとした味わいと程よく対比している。

同様に季節の魚と刺身盛り合わせを含む海鮮スペシャルがお奨め。またもやし、グリーン野菜、たっぷりのニンニクと炒めたバークシャー・ポークの料理がいい。焼酎を一休止したかったら三つのタイプの日本酒(どれも美味)と四種類の梅酒がある。予算はディナーが飲み物を含め\3000~4000見当。

(千駄ヶ谷小学校とビクタースタジオの中程、通りの北側)


by Robb Satterwhite
千駄ヶ谷
千駄ヶ谷2-6-4
Follow: