東京ふーどページ
★ジャンカデリック/
中目黒: メキシコ料理
5725-5020
店のデータ
美味しいテックス・メックスのレストランを東京で探すのは至難の業だ。だから、ジャンカデリックに巡り会えたことは本当に嬉しい。オーナーはサンディエゴで数年間過ごした経験があり、店内のキッチンは、本場のテックス・メックス・レストランを髣髴とさせる雰囲気、いや、むしろ、それ以上のレベルにも思える。中目黒は、ちょっと穴場的な場所ではあるが、美味しい料理と、フレンドリーなサービス、そして、のんびりと食事出来る雰囲気がなんとも嬉しいこのレストランを訪れる価値は十分にある。

メニューは、ファヒータス(コーンもしくは小麦粉のトルティーヤ付き)、ブリート、エンチラーダ、タコス、ケサディーヤ、そしてチミチャンガ等のスタンダードなディッシュから、チレス・レジェーノス(ひき肉をマイルドな唐辛子に詰めたもの)、シーフード・エンパナーダ(なんだかメキシコ風の中華の炒め物といった感じの一品)やアロズ・コン・カマロネス(ぷりぷりした海老と2種類のチリソースがかかったメキシカンライス)等のディープな料理まで多彩である。

我々のお気に入りの一品は、とろとろになるまで煮込んだラム肉と、野菜が入ったボリューム満点のシチュー、ビリアだ。これは通常メニューには載っていないが、黒板に書かれている、その日のおすすめメニューにしばしば登場する。もうひとつのお気に入りは、ガーリック風味の海老の炒め物だ。これは最近東京のスペイン料理レストランで供されるタイプとは異なり、もっとコリアンダーとタマネギのフレーバーが強いものだ。この店に対する我々の唯一の不満は、ちょっとスパイシーさに欠けるということ。南カリフォルニアの味と比べると、かなりマイルドに感じられるのだが、ハラペーニョ(300円)を注文して料理に加えれば、味は本格的なものとなる。

ジャンカデリックはドリンクメニューも豊富だ。マルガリータや、約20種類のテキーラ、さらに驚くべきことに、ラムも約20ブランドほど揃えられている。メキシコのビールも豊富だが、我々のお気に入りはアメリカの地ビール、リバティー・エールだ。このビールは、ジャンカデリックの料理とぴったりの相性だ。店内はゆる〜い雰囲気で、DJがご機嫌なラテン、カントリー、ジャムバンドのチューンをプレイしている。年季が入ったように見える外観だが、店内は広々としていてリラックスできる。場所は、中目黒駅から線路沿いに祐天寺方向に向かって歩いて、約5〜6分。裏通りにあるが、すぐ見つかるはずだ。予算はドリンクを含めて、1人2000円から4000円程度。
写真
Googleの地図
AUの地図
DoCoMoの地図
近所のレストラン
近所の店のカフェ・バー

◎目黒区上目黒4-10-4 ◎営業時間:6pm-2am 定休日:水
TFP トップメニュー