東京ふーどページ
宝/
丸の内: 日本料理
5223-9888
店のデータ
この店の設計は、どんなにか楽しかったことでしょうネ。まず、最高級の日本酒を全国から数十種類選り抜いて、トレンディな焼酎や泡盛もちゃんとしたブランドを揃えて、実のある居酒屋スタイルの料理メニューを用意。沖縄料理も人気があるし泡盛に合うからメニューに入れたらどう? そういえば、今年はスペイン料理にも人気が集まっているから、タパスやスペインワインも加えてみたら? うまくいかないはずないでしょう?

実際に、この店では料理やドリンク類は美味しいのですが、残念ながら、国際フォーラムビルの地下というあまりぱっとしないロケーションもものともしないような人を引きつける何かに欠けています。たとえば、竹製のブラインド? おおぶりの観葉植物? きらきらした小石を敷き詰めて小川をつくる? フロアにおがくず? それとも大胆な照明? いずれにしても雰囲気が静かで地味すぎるし、サービスはなんとなく機械的な感じです。

店内にはきれいな赤い漆塗りのカウンターがありますが、カウンターの後ろに魚をさばいたり、お酒をついでくれる板前さんがいるわけでもなく、ただ長いテーブルが中央にでんと置かれているだけです。普通のテーブルや椅子は高級カフェテリアか事務所などによくあるたぐいのもの。隅にある高級サウンドシステムはフラメンコ音楽を流していて、首をかしげたくなります。どうしてフラメンコ音楽なんだろう? さらに言うなら、どうしてこの店でタパスなんだろう?

宝のプラス点は、料理もお酒もとても美味しいことです。ドリンクメニューは英語版も用意されていて、それぞれのお酒を味わうポイントが詳しく書かれているので、外国人の友人には喜ばれるでしょう(どれもお手ごろ価格)。ドリンクには静岡の地ビール、フィッシュマーケット・タップルームのベアード・ライジングサン・ペールエールも用意されています。この界隈ではおそらく最高のビールです。

宝では、いろいろな取り合わせの妙を試してみることもできます。たとえば、沖縄の豚肉料理を若い泡盛でなく、こくのある日本酒と一緒に楽しんだり、鯨肉と豆腐の料理をスペインのスパークリングワイン、カバと組み合わせたり、タパスを地ビールと一緒に試してみたり。また、仕事帰りに友人と落ち合ったり、コンサート後の軽い食事にも便利な場所にあります。もし気分が合えば、食事やお酒を楽しみながら数時間、腰を落ち着けることになるかもしれません。でも、ほんの数ブロック先にあるガード下の気取らないヤキトリ屋の方がお好みかもしれませんね。
写真
Googleの地図
AUの地図
DoCoMoの地図
近所のレストラン
近所の店のカフェ・バー

◎丸の内3-5-1 東京インターナショナル・フォーラムB1F ◎営業時間:11:30am-11pm 定休日:なし
TFP トップメニュー